国民健康保険・後期高齢者保険・社会保険

  
葬祭費給付の申請に必要なもの





ご本人・ご家族が亡くなったとき

葬儀を行った人に埋葬費が支給されます。



国民健康保険の場合
披保険者(本人)が死亡したときに、葬儀を行った家族に3〜5万円が支給されます。
披保険者の扶養家族が亡くなった場合、「家族埋葬料」として3〜5万円が支給されます。
自治体で支給額が変わります
松原市 大阪市 羽曳野市 堺市 大阪狭山市 藤井寺市
40,000円 50,000円 50,000円 50,000円 30,000円 40,000円

社会保険の場合
被保険者(本人)が死亡したときに、葬儀を行った家族に 5万円が支給されます。
披保険者の扶養家族が亡くなった場合、「埋葬費」として一律5万円が支給されます。



葬祭費・埋葬費給付を申請できる人

  • 国民健康保険の場合
  • その葬儀を執り行った方(喪主など)
社会保険の場合
  • 葬儀(埋葬)を行った家族
  • 被保険者に生計を維持されていた方で埋葬(葬儀)を行った方



申請期限と手続き

葬祭費給付金制度の申請期限は故人の死亡日から2年以内に申請を行う必要があります。



葬祭費・埋葬費給付の申請に必要なもの


  • 国民健康保険の場合
  • ・ 亡くなられた方の保険証
  • ・ 印鑑(朱肉をつけて使用するもの)葬祭執行者及び来庁される方
  • ・ 埋火葬許可証または死亡診断書など死亡が確認できるもの
  • ・ 葬祭費給付金を受取る方名義の口座番号 ※葬祭を執行された方
社会保険の場合
  • ・ 火葬許可証・死亡診断書・死体検案書等のいずれかのコピー
  • ・ 故人の除籍された戸籍謄本・住民票



葬祭費給付の注意点

  •  
  • 社会保険の資格を喪失して3か月以内に死亡した場合は社会保険から埋葬料等が支給されます。
  • 請求できる期間が設けられておりますので、お早めに請求、またはお問合せください。