死亡診断書等の法的手続き ※死亡届は死亡診断書と1対になっています。
医師から死亡診断書を受け取ったら、左側の「死亡届」に必要事項を記入します。
※事故死や変死の場合は観察医の「検死」を受けて検案書をもらいます。
 死亡日から7日以内に死亡届を提出する義務があります。


①役所に死亡届を提出し火葬許可証を発行してもらいます。
 ※役所に提出する前に死亡診断証のコピーを何枚か取って保管して置いて下さい。

 死亡届に必要事項を記入・届出人の署名と捺印をし役所へ提出します。

・届出をする事ができる方
 親族・同居者・家主・地主・家屋管理人・土地管理人・後見人・保佐人・補助人・任意後見人


・届出先は下記の管轄する役所 
 死亡地・死亡者の本籍地・届出人の現住所地


②火葬場に火葬許可証を提出し斎場使用の申込をします。
 火葬後に斎場管理者が必要事項に記入署名捺印して「火葬証明書」として発行します。
 ※火葬証明書は納骨の際に必要になります。




 火葬許可書発行までの概要

 1)医師から死亡診断書を受取る。 
 2)死亡診断書の左側の死亡届に必要事項を記入捺印する。
 3)役所で死亡届を提出し、火葬許可証をもらう。


 死亡届を出した事によって故人の戸籍・住民登録は自動的に抹消されますが、世帯主が
  死亡した時は住民登録の世帯主変更届が必要になります。
  ※亡くなった方が、国民健康保険・社会保険等に加入していた場合、「葬祭費」が給付さ
  れますので各保険年金課等へお問合せ下さい。