|葬儀のながれ
  葬儀のながれは喪主、地域の習慣により順序が異なる場合があります。


 1.ご臨終
 ・医師の死亡確認後、看護師がご遺体の処置をしてくれます。
 ・ご遺族は家族や生前親交の合った方に訃報を知らせます。
 ・ご遺体を搬送するのに「死亡診断書」が必ず必要になるので
  医師に書いてもらって下さい。
              

 2.平成社へご連絡下さい
 ・その際に、ご依頼主のお名前と亡くなられた方のお名前。
 ・施設名と所在地、電話番号、寝台車の到着時間。
 ・故人のお帰り先を教えて下さい。
 ※ご連絡を頂いてから現地に到着するまで約1時間程度かかります。
 
              

 3.お迎え・ご安置
 ・当社の寝台車ですぐに現地までお迎えに行きます。
 ・ご自宅帰られる場合、故人を寝かせるお布団をご用意下さい。
 ・ご遺体を北枕に寝かし、ドライアイスを体の上に当てます。
 ・枕飾りの用意をします。※ご家族は一膳御飯をお供えします。
              

 4.ご葬儀の打ち合わせ
 ・ご葬儀の規模、形式等で式場を選択し、火葬場と宗教者の都合を
  確認して日程を決定。おもてなし費用や基本費用等のお見積り。
 ・ご遺族は遺影写真の選定。弔問者へお渡しする返礼品を決める。
 ・親族や受付等でお世話になる方にふるまう料理内容を決める。

遺影写真 会葬礼状 会葬返礼品 通夜料理 会席料理
 訃報の案内
 一般的なご葬儀の場合、ご家族様は各方面に訃報を報せます。
 1.故人名、年齢、死亡日時 2.喪主、続柄 3.通夜・葬儀日時、式場名、式場住所、電話等。
              

 5.式場の設営
 ・式場の規則やお見積内容に従って設営をします。
 ・弔問者の記帳所、焼香所の準備。返礼品のセット。案内板の設置。

 ・喪家は供花の数と名札の原稿を締切り迄に当社に連絡下さい。
 ※喪家は名札の原稿に式場に設置する順番も決めておいて下さい。

 死亡届・火葬場等の申込代行
 ご遺族は死亡届に必要事項をご記入し、認印と一緒に当社に預けて下さい。
              

 6.ご納棺 ・ 湯灌
 ・旅支度の後、故人をお棺に納めます。
 ・ご遺族は故人が好きだった物を柩に納めます。
 ・ご納棺終了後にお柩を寝台車に乗せて式場搬送します。
 ・ご家族様も寝台車の後に続いて式場に向かいます。

              

 7.お通夜
 ・受付をされる方をご家族で数名手配して下さい。
 ・形式や宗派に沿って当係員より式進行をさせて頂きます。
 ・通夜式終了後、受付や親族の方にお料理をふるまいます。
 ・翌朝までに弔電の読上げ順と焼香順位帳を作成します。
              

 8.葬儀 告別式
 ・形式や宗派に沿って司会進行をさせて頂きます。
 ・一同着席~開式→導師焼香→弔辞 弔電→親族 参列者焼香→閉式
 ・葬儀は遺族 親族が冥福を祈る儀式。告別式は参列者がお別れを惜
  しむ儀式。儀式終了後お柩にお花を入れて最後のお別れをします。
                 

 9.出棺・火葬
 ・出発に伴い火葬場に向かう車両を整列します。
 ・近親者6~8名様でお柩を霊柩車に安置します。
 ・その後所定の車に乗って霊柩車の後に続き火葬場に向かいます。
 ・斎場のしきたりで故人と最後のお別れをします。

▼併設式場で葬儀を行った場合、移動車は要りません。
  堺市立斎場・瓜破斎場・北斎場・鶴見斎場・小林斎場など。
              

 10.精進落とし(火葬中)
 ・ご遺族はお世話になった方や親戚をねぎらい料理をふるまいます。
 ・堺市立斎場の場合、場内の待合室でお召し上がれます。
 ・他の斎場の場合、式場又は提携料理店となります。
 ・提携店のご利用の場合、急な料理の追加も対応できます。
              

 11.お骨あげ・初七日
 ・火葬場の職員の指示に従って当社係員がお骨あげの案内をします。
 ・集骨後、ご遺族様は式場に戻り還骨・初七日の法要を行い、儀式が
  終えたら解散となります。
              

 12.式後・後飾り
 ・お見積りに従って、ご自宅に満中陰までの祭壇を設置します。
 ・ご遺族は後飾り祭壇に遺骨、位牌、遺影を安置します。

 ※セットに無い場合でもオプションでご用意させて頂きます。


飾り段 白木具足 後飾花 巻線香など