事前相談 をする方が増えています。
 できれば考えたくないことですが、遅かれ早かれ考えなければならない時が必ずやってきます。お葬式・・・・と考えた時、皆様に不安はありませんか? もしもの時にはどうしたら良いか? お葬式の費用はいくらかかるのか? 葬儀社は何処に頼めば安心か? などの不安を安心に変える為にも事前相談をお勧めします。そして昨今話題の終活の一環として「大切な家族のために・・・負担を少しでも軽減したい」という思いから、ご自分の事前相談をされる方もおられます。 もしも、葬儀に関して「不安を感じたり」「疑問をもたれた時」は葬儀社に電話をかけるか直接訪ねて自分の意志をしっかり伝えて事前相談する事です。



 いつでも お気軽にご相談下さい。
 事前相談は、もしもの時に慌てることが無いよう葬儀についての内容、価格や場所、会葬者などを事前に検討し、お葬式のイメージをあらかじめ決めておくことです。 「平成社」では、疑問や不安を少しでも取り除くためにも、事前見積りをお勧めします。 拘束力はありません。 ただし、お話を伺った時点で希望していた葬儀内容は場合によっては、変更が必要になる事もあります。


| もしものときに慌てないために

宗派の確認  ※お仏壇のご本尊や戒名から調べれます
ご自宅に仏壇や位牌がある方は自分の家の宗派がわかる場合があります。
※お寺さんとご縁の無い方はご紹介させていただきます。
 

 主な宗派を下記にまとめましたので、ご確認下さい

※菩提寺とは、先祖代々のお墓があるお寺の事を言います。
主な宗旨、宗派の一覧
浄土真宗(西・東) 浄土宗 真言宗  融通念仏宗  曹洞宗  臨済宗  黄檗宗  天台宗  時宗 日蓮宗 
  日蓮正宗  本門仏立宗  本門法華宗  神式  天理教  キリスト教  カトリック  創価学会




| お写真の準備

写 真
遺影写真は、葬儀後も後々までお飾りするので、ご家族がお気に入りの物を何枚か選んでおきましょう。
写真選びのポイント
なるべく「お顔が大きく写っているもの」写りが「鮮明なもの」で傷や汚れが少ないもの。 光沢紙タイプの場合 → 絹目調のものは網目が映り込み、鮮明に仕上がらない場合がございます。
デジタルカメラの場合 → 300万画素以上のものを推奨いたします。



| 印鑑の準備 ・ 本籍地の確認

認め印
ご遺族の変わりに「死亡届」や火葬場の申請手続きを代行します。
※見積後すぐに ご印鑑をお預りすることになります。
死亡届に故人と届出人の本籍、「筆頭者」を記入します。
一般的に未婚の方の場合は父または母、婚姻されている方は本人または配偶者のどちらかです。このとき夫の氏を選ぶと夫が筆頭者、妻が配偶者となります。逆に妻の氏を選ぶと妻が筆頭者、夫が配偶者となります。
本籍が分からない場合、不詳と記載されます。




| お帰り先 ご安置場所の検討

ご安置
住み慣れた家に帰るのが理想ですが諸事情で自宅に帰れない場合、どちらにお連れしたら良いかを考えておきましょう。
 ※24時間付添いのできる葬儀施設をご提案することもできます。



| 喪主の検討

通常は世帯主や配偶者、長男(又は長女)などが喪主を務めます。 但し、法事や墓参りなど葬儀後の供養も執り行っていく責任があるのでご家族で話し合って慎重に決めましょう。

※具体的には夫婦の場合は「配偶者」が喪主、 或いは「長男」が勤めます。 長男が小さい場合には、伯父などが後見人となって喪主を代理する事もあります



| 参列者の人数の把握・連絡先の名簿の作成

 もしもの時に、葬儀の連絡をする際、何処に連絡したら良いか分るようにしておきます。

葬儀式場を決める際も参列者の把握は大事な要素のひとつです。

会葬返礼品、食事などを手配するためにも親族数と会葬者数を予測しておきます。



| 葬儀場や葬儀形態(家族葬・一般葬など)の検討

 葬儀場は、ご家族の希望はもちろんですが、会葬者の利便性等も考慮し検討しておきましょう。

最近では、利便性の高い火葬場と併設した式場をご利用される方が増えています。
※近年では葬儀スタイルの一つで家族葬を選択される方が増えています。

葬儀の日程は僧侶や式場、火葬場の都合もありますので状況によって判断する必要があります。平成社がサポートいたしますので、事前に2〜3ヶ所候補を考えておかれると安心かと思います。