ご香典


弔問や会葬に際し、香を持参し故人の冥福を祈ったことから
「香典」と呼ばれるようになりました。


|仏式の場合
 葬儀の表書きは、「ご香典」 または 「御霊前」 とします。
 「御香料」とも書きます
 葬儀後(法要)の表書きは、「御供」 または 「御仏前」 とします。


|神式の場合
 葬儀の表書きは、「御玉串料」 または 「御霊前」 とします。
 葬儀後(例祭)の表書きは、「 御神前」 とします。
 


|キリストの場合
 葬儀の表書きは、「 御花料 」 または 「御霊前」 とします。
 葬儀後(追悼ミサ)の表書きは、「 御花料」 または 「献花料」
 とします。



  香典の目安

 香典は故人や喪家との付き合いの程度、包む人の社会的地位によって違ってきます。
 金額の目安としては、一般的に上司や目上の人には少なく、部下や目下の人には多くと言われています。
 また、亡くなられた方が一家の主や主婦の場合は多めなどの心遣いも必要です。
 迷う時は、心もち多めと考えましょう。

   香典の基本

  •  香典の額は一桁の場合、9を除いた奇数の 1、3、5、7 の数字にします。
  •  基本は奇数ですが、2万円は例外として認められています。
  •  古い札を使用します。
 新札は「不幸の日に備えていた」という意味で失礼にあたります。
 新札しかない場合は縦に折り目を入れるようにしましょう。
 どれぐらい古い感じなのか分からない、という人が多く、最近では「新札を半分に折り目をつけて
 使用する」ということも主流になっています。



  慶弔に悲しみを表す黒白

 ◆袋の表に、名目と姓名を記入します。 裏の隅に、金額を記入します。
 ◆中包みにも、姓名、住所、金額を書いた方が先方に対し親切です。
 ◆表書きは筆で書きます。
 ◆宗旨にかかわらず「御霊前」とするのが一般的です(浄土真宗の場合は除く)
 ◆黒と白の水引のついたものが葬儀用です(黄色と白の水引は法事用です)


  一般的なご香典の目安

 香典の金額は、故人とのお付合いの深さや、贈り主の年齢によって異なります。

贈り主の年齢
亡くなった人 20代 30代 40代 50代
全 体 3,000円 3,000円 5,000円 5,000円
上 司 5,000円 5,000円 10,000円 10,000円
同 僚 5,000円 5,000円 5,000円 5,000円
勤務先の家族 3,000円 5,000円 5,000円 5,000円
祖父母 10,000円 10,000円 5,000円 5,000円
両 親 10,000円 50,000円 100,000円 50,000円
兄弟・姉妹 10,000円 30,000円 50,000円 50,000円
伯父・伯母 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円
親 族 5,000円 5,000円 10,000円 10,000円
友人・知人 5,000円 5,000円 5,000円 5,000円
隣 人 3,000円 5,000円 5,000円 5,000円



香典は喪主に対して渡される贈与の一種

現在の日本では、仏式などの葬儀の際には、金銭で香典を霊前に供えることが一般的です。香典の本来の意味合いは、故人に供え物を捧げるということでしたが、いつしか金銭を備えることで葬儀を行う家に対する経済的援助や遺族への慰めなどの意味合いを含むようになりました。

その結果、現在では香典が、法的にも被相続人の葬儀に関する費用に充当することを目的とし、葬儀の主宰者である喪主に対して渡される贈与の一種であるとされています。贈与としてみなされているため、香典は相続財産には含まれない独立した金品とみなされています。

その性質のため、葬儀費用を支払った後に多額の香典が残ったとしても、その使い道を決められるのは喪主のみで、他の相続人は香典分割を請求する法的な権利を持っていません。

 

まとめ


葬儀費用は安くはないため、その費用をどのように捻出するかはとても重要です。香典をもらわない葬儀を選択した場合、使用できる相続財産があれば非常に助かるでしょう。

相続財産を葬儀費用として使用する場合は、必ず領収書や明細書を保管しておきましょう。後々トラブルを防ぐ上で重要なため注意が必要です。