忌引きとは?  忌引き休暇の日数
 忌引き(きびき)とは、近親者が死去した際、喪に服する事を言います。そして、その期間
 に勤務先や学校等を休む事を「忌引き休暇」といいます。
 この忌引き休暇の日数は労働基準法など法律の上での規定はなく、勤務先の就業規則や労働
 規約で定められ学生等の場合は、通学先の就学規則等によって定められます。従って、勤務
 先や通学先によって忌引き休暇の日数は異なる場合があります。しかし、忌引き休暇の日数
 は次の通りです。(ウィキペディアによると
 起算日:通常 逝去の当日からですが、翌日を起算日とする場合もあります。

 配偶者  10日
 血族  父母  7日
 子  5日
 祖父母  3日
 兄弟姉妹  3日
 おじ・おば  1日
 孫  1日
 姻族  配偶者の父母  3日
 配偶者の祖父母  1日
 配偶者の兄弟姉妹  1日
 尚、賃金の取り扱いについては、当然、有給となります。
 また、忌引き休暇は、通夜、告別式に参列するだけに認められる物ではなく、交通の往復や
 葬儀後の片付けなどにも適用されます。尚、忌引き休暇がない会社もあります。 しかし、
 労働基準法に違反するものでは無いので、その場合、有給休暇を充てる事になります。