火葬式



宗教儀礼のないのシンプルな形式
故人の遺志や様々な事情により必要最低限の供養をし、火葬するプランです。
病院のお迎えやご納棺、火葬するのに必要な物品や人的サービスが含まれています。
※火葬する前に読経をあげてもらう事も可能です。














ご遺体をご自宅に安置・納棺・火葬当日にご遺体を火葬場まで搬送します。
※ご自身でお葬式の準備を行えばご自宅で家族葬が行えます。

ご自宅の場合の注意点!
・ご遺体を納めたお柩が玄関から出棺できるか?。
・マンションの場合、エレベータにお柩が乗るか?。※管理組合に確認。
・寝台車・家族の自家用車の駐車スペースがあるか?。
















ご遺体をホールに納棺安置・お別れ後、当社の寝台車で火葬場に向います。

自社ホールで行う火葬式のメリット!

・駅から徒歩2分の好立地の場所。
・真夜中でもご遺体を病院からホールに連れて帰れる。
・自社ホールなので火葬料以外の費用はかかりません。※オプションは除く
自社ホールで行う火葬式のデメリット!
・出棺当日まで故人様と面会はできません。
















故人様を提携施設に納棺安置・お別れ後、当社の寝台車で火葬場に向います。

安置室で行う火葬式のメリット

・真夜中でも気兼ねせずに病院から施設内の安置室に故人を連れて帰れる。
・出棺するまで付き添いのできる安置室がある。
・ご近所に知られないので家族だけでゆっくりお別れができる。
安置室で行う火葬式のデメリット
・日延べの場合、安置料やドライアイスの追加料金が発生する。

















当ホールで喪主(生活保護受給者)の負担0円で生活保護の葬儀が行えます。

生活保護葬のデメリット

・安置・火葬だけのお葬式になります。
・喪主様からのオプション等のご要望は請けかねます。