Sample HomeSample Home

葬儀費用の不安が解消される

葬儀費用の不安のある方

昨今話題の終活として・・・

できれば考えたく無い事ですが、遅かれ早かれ考えなければならない時が必ずやってきます。お葬式・・と考えた時、皆様に不安は有りませんか? 葬式の費用はいくらかかるのか? 葬儀社は何処に頼めば安心か?などの不安を安心に変えるためにも事前相談をお勧めします。

お気軽にご相談下さい

事前相談

いざという時に慌てないために

「大切な家族のために・・少しでも負担を軽減したい」という思いから自分の葬儀を事前相談される方も増えています。事前相談は、もしもの時に慌てないように葬儀についての内容を事前に検討し、お葬式のイメージをあらかじめ決めておく事です。「平成社」では疑問や不安を少しでも取除くためにも、事前見積りをお勧めします。

|故人のお帰り先の検討

住み慣れた家に帰るのか?どちらにお連れしたら良いかを考えておきましょう。
家族葬で行う場合、当ホールに直接安置できます。

|喪主の検討

通常は世帯主や配偶者、長男(又は長女)などが喪主を務めます。
※具体的には父が亡くなった場合「配偶者」が喪主、あるいは「長男」が努めます。

喪主とは、遺族の代表として一連のご葬儀を取り仕切ります。

|宗派の確認

宗派や菩提寺の連絡先を確認します。
>ご本尊や戒名から調べれます。
※ご自宅に仏壇や位牌がある方は自分の家の宗派が分かる場合があります。

|遺影写真の準備

遺影写真は葬儀後も後々までお飾りするのでお気に入りの物を何枚か選んでおきましょう。
>写真選びのポイント
「お顔が大きく写っているもの」写りが鮮明なもので傷や汚れが少ないもの。
「デジカメの場合」300万画素以上のものを推奨します。

|参列者の人数の把握

もしもの時に何処に連絡したら良いか分かるようにしておきましょう。
【葬儀場を決める際も参列者数の把握が重要です】

※会葬返礼品、食事、火葬場への送迎車を手配するためにも親族数と会葬者数を予測しておきます。

|葬儀場と葬儀形態の検討

家族葬で行うか、訃報をしらせ参列者を招きいれるか?。
昨今では葬儀スタイルの一つで家族葬を選択される方が増えています。
【葬儀形態で葬儀場を選択します】
式場は先着順です。事前に式場を決めていてもご利用出来ない場合もあり、日程が合わない場合は日延べをするか他の式場に変更する事になります。

|本籍地と筆頭者の確認

死亡届に故人・届出人の本籍、筆頭者を記入します。
一般的に未婚の方は父または母、婚姻されている方は本人または配偶者のどちらかにです。
※このとき妻の氏を選ぶと妻が筆頭者で夫は配偶者となります。
※本籍地が分からない場合は火葬許可証に不詳と記載されます。