Sample HomeSample Home

忌日法要と年忌法要について

忌日法要(初七日~百ヶ日)

仏教では、逝去してからの49日間を中陰、49日目を満中陰と言います。中陰の間は、死者の魂が成仏せずにさまよっていると考えており、故人のために追善供養を行います。忌日法要は、故人の命日から7日ごとに行われる法要で以下8つが含まれます。

忌日・年忌法要自動計算 >

ご逝去日から忌日・年忌法要の日程表を自動計算できます。

満中陰の日取りを決める際、法要を行なう予定日が平日になる場合は直前の土曜日もしくは日曜日にずらすのが通例です。通常、忌明けとは49日 (満中陰)を指します。
(地域などによっては、五七日が忌明けとなる場合があります)

■初願忌 しょがんき(初七日)

亡くなられた日を含めて7日目に行われる法事の事を初願忌といいます。

■以芳忌 いほうき(二七日)

亡くなられた日を含めて14日目に行われる法事の事を以芳忌といいます。

■洒水忌 しゃすいき(三七日)

亡くなられた日を含めて21日目に行われる法事の事を洒水忌といいます。

■阿経忌 あぎょうき(四七日)

亡くなられた日を含めて28日目に行われる法事の事を阿経忌といいます。

■小練忌 しょうれんき (五七日)

亡くなられた日を含めて35日目に行われる法事の事を小練忌といいます。

■檀弘忌 だんこうき(六七日)

亡くなられた日を含めて42日目に行われる法事の事を檀弘忌といいます。

■大練忌 だいれんき(満中陰)

亡くなられた日を含めて49日目に行われる法事の事を大練忌、満中陰といいます。

■卒哭忌 そっこうき (百ヶ日)

亡くなられた日を含めて、100日目に行われる法事の事を卒哭忌といいます。儒教では百ヶ日を、すなわち泣くことを止める時期としています

年忌法要

年忌法要とは、決まった節目の年に、故人の命日を迎える際、行う法要をさします。「法要」とは僧侶にお経を唱えていただき供養する儀式をさし、その後の会食などを含めた一連の行事を「法事」と呼んでいます。

● 一周忌

一年目の祥月命日(しょうつきめいにち)
故人がお亡くなりになられて1年後に行われるのが一周忌の法要となります。故人がお亡くなりになられて1年目の同じ月日が一周忌の当日ということになり、一周忌以降この日のことを「祥月命日」と呼びます。また、一周忌までが「喪中(もちゅう)」であり、以降「喪が明ける」ことになります。

● 三回忌

二年目の祥月命日。亡くなった年を一として、次の次の年を三回と、数えます。

● 七回忌以降

七回忌・十三回忌・十七回忌 ・二十五回忌・三十三回忌 ・五十回忌・百回忌(以後五十年ごと)。ただし地方によってはその習慣により二十年以後は、二十三回忌・二十七回忌というようにすべて三、七の年に年忌を勤めるところもあります。


Copyright© 平成社 All Rights Reserved.
家族葬ホールのお問合せは

平成社 072-331-0042