Sample HomeSample Home

すぐに必要になるもの

遺影写真の原板

遺影写真の原板

写真選びのポイント
なるべく「お顔が大きく写っているもの」写りが「鮮明なもの」デジタルカメラの場合、300万画素以上のものを推奨します。
※スマホからメールでデーター送信も対応できます。

認め印

印鑑(三文判)

死亡届の手続きや火葬場の申込みに必要になります。

死亡診断書

死亡診断書1通

火葬許可証の申請に必要になります。
死亡届を管轄の役所に提出、役所から火葬許可証をもらい斎場で火葬炉の使用申込みをします。
死亡届に故人・届出人の本籍、筆頭者を記入します。


現金

現金

火葬料・お布施等はお通夜までにご用意ください。飲食費や葬儀費用は当日の清算になります。
※一般葬の場合、葬儀費用は後日の清算になります。

確認して置くこと

|宗教や宗旨・宗派の確認

菩提寺の連絡先を確認します。
※〇〇宗〇〇派 〇〇寺(院)、電話番号。
※葬儀を行なうのに必要になります。

|本籍地と筆頭者の確認

死亡届に故人・届出人の本籍、筆頭者を記入します。
一般的に未婚の方は父または母、婚姻されている方は本人または配偶者のどちらかにです。
※このとき妻の氏を選ぶと妻が筆頭者で夫は配偶者となります。
※本籍地が分からない場合は火葬許可証に不詳と記載されます。

Copyright© 2003~19 All Rights Reserved.
TEL:072-331-0042
平成社 家族葬ホール