死亡通知

突然ですが、○○が今朝○○時○○分に○○病院で亡くなりました。
生前いつも貴方様の事を話しておりましたので、ご迷惑とは思いましたがお電話させて頂きました。お通夜は○○日午後○時より執り行います。
どうか貴方様より皆様にお知らせ頂きますようお願い致します。



通夜の挨拶

●本日はお忙しいところ、お集まり頂きまして誠に有難うございました。
お蔭をもちまして、通夜を滞りなく終える事が出来ました。 明日の葬儀告別式は○○時からでございます。どうぞ宜しくお願いいたします。本日は誠に有難うございました。

●本日はお忙しい中、誠に有難うございました。故人も皆様のご厚情のほど感謝していると存じます
通夜も遅くなりました。明日もございますのでお引取いただきまして結構かと存じます。
明日の葬儀告別式は○○時からでございます。どうぞ宜しくお願いいたします。
尚、ごゆっくりしていただけるお方様は、お時間の許すかぎりおくつろぎ頂けますようお願い申しあげます。


通夜ぶるまい挨拶

●本日は何かとご多忙の中、亡き父の通夜にお集まり頂き、誠に有難うございました。
大変ささやかではございますが、お食事の用意をさせて頂きましたので 故人の生前のお話などお聞かせいただければ幸いに存じます。

●本日はお忙しい中、遠路態々お越しいただきまして、誠に有難うございました。また、ご丁寧にお供物まで頂戴いたしまして恐縮でございます。故人は生前、ここにお集まりの皆様には大変お世話になっており、本日ご出席いただきました事をさぞかし喜んでいる事と存じます。
別室にささやかながら お食事の用意がしていますので、故人を偲ぶお話などお聞かせいただければ幸いです。


告別式の挨拶

●本日は厚志何かとお忙しい中、故○○ ○のためご会葬頂きまして誠に有難うございました。
このように大勢の方々にお見送りいただきまして感謝にたえません。
遺されました私どもは未熟者ばかりですが、○○の生前中同様のご指導ご鞭撻賜りますようお願い申上げます。本日は誠にありがとうございました。

本日はご多忙中のところ、亡き○○の告別式に ご参列を頂きまして、誠に有難うございました。
本日皆様の、ご厚情に深く感謝している事と存じます。父 亡き後は私どもで力を合わせて頑張っていくつもりです。どうか今後とも、皆様のお力添えを賜りたくお願い申しあげます。本日は最後までのお見送りいただき誠に有難うございました。厚く御礼申上げます。


精進落としの挨拶

本日はご多忙中のところ、亡き○○の葬儀にご参列いただきまして誠に有難うございました。おかげ様で、無事 葬儀を終える事ができました。あらためて遺族一同、心より御礼申し上げます。尚、皆様におかれましては 今後とも故人生前中どうようご指導ご鞭撻賜りますよう宜しくお願い申しあげます。ささやかではございますが、供養の膳をご用意いたしましたので、お骨ひろいまでの間 どうぞ お召し上がりくださいますようお願い申上げます。本日は有難うございました。


僧侶へのお礼の挨拶

 ■僧侶に枕つとめをお願いする時
 「お世話になっております。○○町の○○でございます。実は、○○が先ほど亡くなりました。
 
只今、自宅に連れて戻りましたので、ご住職様に枕経をお願いしたいと思います。」

 ■僧侶が枕経つとめに到着された時
 「お忙しい中、ご足労いただきまして有難うございます。 ○○もさぞ安心する事と存じます。
 尚、不慣れなので何かとご指導くださいますよう、宜しくお願い致します。

 ■僧侶に費用をたずねる場合
 
「私ども何もわかりませんのでお教え願いたいと思います。  お布施の用意がありますので、恐縮ですがいか
 ほどご用意をしたらよろしいですか。


 ■僧侶が通夜・葬儀にこられた時
 「お越し頂きまして有難うございます。  定刻に始めたいと思いますので宜しくお願いします。

 ■僧侶にお布施をお渡しする時
 「本日はご多忙の中、大変ご丁寧なお勤めを賜り誠に有難うございました。 おかげ様で、無事 葬儀を執
 り行う事ができました。   些少では御座いますが、どうぞお納め下さいませ」



近所の方・お手伝いへの挨拶

 この度は大変お世話になりました。
 なにかと ご迷惑をおかけした事と存じますが おかげ様で無事に終える事ができました。
 どうも有難うございました。  今後ともよろしくお願いいたします。


供花・供物のお礼状

 啓  ○○の候  皆様  益々のご隆盛のこととお慶び申し上げます。
 さて、先日は 父○○の葬儀に際し、遠路より わざわざ ご会葬賜りましてありがとうございます。
 その上、ご鄭重なるご弔慰ならびに、ご厚志に預かりまして、誠に ありがたく 重ねてお礼申し上げます。
 略儀ではございますが、書中をもってお礼とかえさせていただきます。

                      ○○○○



家族葬の事後のお報せ

 父 ○○ 儀  かねてより入院加療中でございましたが
 ○○月○○日永眠致しました
 早速お知らせすべきところ ご通知が遅れましたことを
 深くお詫び申し上げます
 葬儀を○○月○○日  満中陰法要は○○月○○日に
 故人の希望により近親者のみ似て滞りなく相済ませました
 ここに謹んでご通知申し上げますとともに
 生前中賜りましたご厚誼に心より御礼申し上げます 

 平成 ○○ 年 ○○ 月
         〒○○○-○○○○  ○○市○○区○○町○○-○○

          平 成 社  太 郎      




家族葬の事後のお知らせ

 父 ○○ 儀  かねてより病気療養中の処
 薬石効なく ○○ 月○○ 日 ○○ 歳にてご逝去いたしました
 早速お知らせ申し上げるべき処でございましたが
 ご通知が遅れました事を深くお詫び申し上げるます
 葬儀は近親者にて○○月○○日滞りなく相済ませました  
 ここに生前のご厚誼を感謝し衷心より御礼申し上げます 

  平成 ○○ 年 ○○ 月
         〒○○○-○○○○  ○○市○○町○○-○○

          平 成 社  太 郎      




家族葬の事後のお知らせ

 夫○○ ○○は ○月 ○○日 ○○時 ○○分 ○○歳をもって
 永眠致しました ここに生前のご厚情を感謝し謹んでお知らせ申しあげます
 尚、お通夜並びに葬儀は近親者にて執り行いました
   平成 ○○ 年 ○○ 日
          〒○○○-○○○○ ○○市○○町○○ー○○

          平 成 社  太 郎